ブログランキングに参加しています。
応援お願いします^^

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村


お小遣い稼ぎ ブログランキングへ

起業や仮想通貨を学びたいあなたに!

【全員に】1万円プレゼントキャンペーン!

WS001454

起業や仮想通貨が学べるサイトで応募者全員が1万円もらえるキャンペーンが始まっています。(規定数を超えたら早期終了あり)

詳細は、こちらの記事に書いていますのでご覧ください。

1万円プレゼントキャンペーンの記事はこちら

応募者がいっぱいいて打ち切られる可能性もあるので、早めに応募しておいてくださいね^^

15万稼げるPDFをプレゼント中

無料メルマガ1000x300

TGE ICO AML のための英語の住所証明の取り方 KYC のための準備

こんにちは、おしろです^^

今日は、TGE案件やICO案件に参加するときに必要となるAML(アンチマネーロンダリング)とKYC(顧客確認)の準備方法について書きます。

TGEやICOに参加しようして、その時に必要だと思って準備すると間に合わない時があるので、慌てないで先に準備しておきましょう。

TGE ICO AML のための英語の住所証明の取り方  KYC のための準備


(記事の前に)

2018年2月10日からリップル1万円分もしくは現金1万円がもらえるキャンペーンを紹介します。

楽しみにしていてください^^


AMLの取り方

AML(アンチマネーロンダリング)のためには、英語の住所証明が必要です。

郵便局で英語の残高証明をもらうことで手に入れることができます。

必要なものは、

・印鑑

・通帳

・免許証

です。

郵便に行って、「貯金残高証明請求書」というのがあるので、それを記入して提出します。

その時、「英語の住所表記が必要です」ということを必ず伝えましょう。
(これをしないとただの残高証明になることがあるかもしれません)

そうすると、30分から1時間で発行してもらえます。

費用は510円です。

WS001423

他の銀行でもできると思います。

自分の持っている銀行に問い合わせて見てください。
(でも、郵便局が一番安いかも)

KYCの取り方

KYC(顧客確認)には、パスポートや運転免許証が必要です。

一番いいのはパスポートです。

日本の免許証だと、海外のICOなどでは認証されなかったり、認証に時間がかかることがあるので、パスポートを準備するのが一番だと思います。

パスポートは1~2万円くらいで取得できます。

・戸籍謄本又は抄本(原本を必要とします) 1通

・住民票の写し 1通

・写真(縦45ミリメートル×横35ミリメートル) 1葉

・身元確認書類(運転免許証等)

が必要です。

免許証は上記の理由でお勧めしませんが、すんなり通る場合もありますのでパスポートがない場合には免許証で申請しましょう。

あと、本気で仮想通貨の本質的な事を知りたかったらここに登録して勉強したらいいです。

世界一わかりやすいブロックチェーン・ビットコイン

無料で11時間の動画と上位26銘柄の完全分析エクセルファイルももらえます。

期間限定で条件付きですが、1万円分のリップルか現金ももらえます。

詳しくは、サイトを見てください。

[`yahoo` not found]
LINEで送る
Facebook にシェア



アウトプットが大事ですよ!
読んだ後はコメントしてみてください、自分の力になります。一歩から百歩に進むより、最初の一歩を踏み出せるかが成功するかしないかの分かれ道になりますよ。

内容でご不明な点やご相談がありましたら
お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

・お問い合わせフォームはこちら

15万稼げるPDFをプレゼント中

無料メルマガ 1000x300

今日の記事はどうでしたか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
   
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ

2件のコメント

  • 小池良

    judressは知りませんでした。すべてわかりやすいです。

    • おしろ

      コメントありがとうございます。
      お役に立てて良かったです^^

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)