ブログランキングに参加しています。
応援お願いします^^

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村


お小遣い稼ぎ ブログランキングへ

15万稼げるPDFをプレゼント中

無料メルマガ1000x300

アマゾン 返品リクエスト amazon

こんにちは、おしろです。

自己配送をやっている商品に関して、お客様から返品のリクエストがきたので、今日はそれについて書いていきますね。

FBAをやっているとアマゾンに丸投げしてもいいのですが、自己配送だと自分でやらないといけません。

お客様から返品の依頼があると、アマゾンから「返品依頼がきたよ」という内容のメールがきます。

セラーセントラルの画面を確認すると

WS000389

返品リクエストのところに1件と表示されています。

それをクリック。

WS000392

WS000394

返品理由が書かれていて、それに対してどうするかの項目があります。

今回は、商品の金額や返送してもらうときの返送料などを考えると、返品無しで返金をした方がいいと考えたので、そのまま返金を行います。

返金を実行をクリック。

注意
返品してもらってから返金を行う場合には、返品リクエストを承認から行いますので注意してください。そのやり方は、また今度書いていきます。

WS000395

この画面になったら、返金理由を選択して、いくら返金するか入力します。

今回は、その他の理由(返品無しで返金の項目が無いため)で全額返金です。

その他の理由を選んで、購入者へお詫びのコメントや返金の手続きのことを書いて(例文を下に書いておきます)、下の全額返金をクリック。

WS000394

返金の手続きが終了したら、返品リクエストを終了をクリック。

WS000396

終了理由を

返金済みです。商品の返送は不要です。

を選んで返品手続きを終了をクリック。

これで終わりです。

当たり前ですけど、あんまり返品は受けたくないですね。

特に自己配送だと、このことにかける時間ももったいないです。

返品をしてもらうかどうかなどは、商品の金額やそれにかける時間などを考えて判断しましょう。

最後にお客様への返金の例文を載せておきます。

返金手続き終了後に送る例文です。

-------------------------------------

○○

アマゾン販売店「お店の名前」と申します。
今回、商品の不具合でご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ございません。

ご購入の「商品名」に関しまして

全額ご返金させて頂きたいと思います。

只今、Amazon ペイメントサービスを通して返金する手配を取りましたので、
後日返金されていることをご確認お願い致します。

返金方法は、お支払い方法によって異なります。詳しくは、以下をご覧ください。

————————————————

クレジットカードの場合
→クレジットカードへの返金
代金引換、コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy 払いの場合
→通常Amazon ギフト券での返金
Amazon ギフト券、Amazon ショッピングカードの場合
→アカウントのAmazon ギフト券・Amazon ショッピングカード残高に戻します
Amazon ポイントの場合
→アカウントのAmazon ポイント残高に戻します
お支払い方法にかかわらず、ギフトで受け取った商品
→Amazon ギフト券での返金

————————————————

ご購入いただきました商品に関しましては、ご迷惑をおかけしており、返品にはお手数をおかけするので処分していただければと考えております。

今後このような事がないよう深く反省し、改善に努めますので何卒宜しく御願い申し上げます。

「お店の名前」「担当者名」

------------------------------------

黄色の部分を自分のお店に置き換えて使ってください。



アウトプットが大事ですよ!
読んだ後はコメントしてみてください、自分の力になります。一歩から百歩に進むより、最初の一歩を踏み出せるかが成功するかしないかの分かれ道になりますよ。

内容でご不明な点やご相談がありましたら
お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

・お問い合わせフォームはこちら

15万稼げるPDFをプレゼント中

無料メルマガ 1000x300

今日の記事はどうでしたか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
   
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)